新之助 貝新
HOME お問い合わせ
こだわり しぐれの歴史 商品紹介 店舗案内 ご注文方法 ショッピング
しぐれの歴史
総本家新之助貝新
このサイトでは三重県桑名市の特産品である「志ぐれ」について、さまざまな情報をお届けしております。
もちろん購入も出来ますので、ぜひ御利用ください。
新着情報
銀座本店
銀座本店
志ぐれの歴史
町の歴史
桑名の殿さん時雨で茶々漬」の民謡で名高い桑名は、 その昔宗祗の高弟連歌師宗長の『宗長日記』の中で、「此津南北美濃尾張の河ひとつ落ちて、みなとのひろさ 五六町、寺寺家々数千軒云々」と、当時の盛況が記されているように、「十楽の津」として、大阪の堺と共に港 町としてその名を知られました。関ヶ原役後の慶長六年には本多忠勝が桑名城主となり、城郭を修築し、町割を 断行して、民政につとめ、桑名藩創業の名君と仰がれました。元和四年松平定勝が城主となってからは松平氏十 一万石の城下町として栄えました。さらに江戸時代には熱田の宮から海上七里、東海道五十三次の要衝でもあり、 桑名は港町・宿場町・城下町として中世近世を通じて栄えたのです。
                                          江戸時代のお伊勢参りのにぎわいの様子
このページのトップへ
桑名の蛤は有名
揖斐・長良・木曽の三大河川の河口に位置する桑名は、自然の恵みからは様々な味の特産品が生まれました。桑名の浜から沖合いにかけては、木曽三川の淡水と海水がほどよく混じり、貝や海苔・白魚などが豊富に採れる場所でした。とくに蛤(はまぐり)は「浜の栗」と呼ばれるほど色・艶がよく、ふっくらとした大きな実で、古くから全国的に知られていました。「その手は桑名の焼き蛤」という洒落で有名な桑名の焼き蛤は、汁分の旨みを逃がさず早く焼くために、貝の目(ちょうつがい)を切って、貝の口が開かないようにして焼きます。江戸時代には桑名から富田にかけての東海道沿いに、焼き蛤を食べさせる店が軒を連ね、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも登場します。
現在でも桑名市の赤須賀漁港には
たくさんの漁船が船をならべ、蛤や
蜆をとっております。
このページのトップへ
知って驚き
当初、煮蛤という名前であったものを、もっといい名前をつけて売り出したいと考え、当時の松尾芭蕉の高弟の一人である各務支考に相談をしたところ、いつの頃が美味しいのかということを聞かれたそうです。
このときに、美味しい時期は11月ごろと答えたところ、それは俳句の季語で言う時雨(しぐれ)の時期と合うので、時雨蛤(しぐれはまぐり)という名前にしてはどうかといわれ、命名されました。
当時では飛ぶ鳥を落とす勢いだった松雄芭蕉の弟子による命名は、今でいうコピーライターに商品名をお願いしたようなもので、これにより一気に商品が有名になったのではと思います。
  
このページのトップへ
桑名の殿さん
「桑名の殿さんしぐれで茶々漬け」と歌われている殿さんとはいったい誰なんでしょう?
実はこの歌は、明治から大正にかけて桑名でお米の取引所が開設されていて、このお米の相場で大もうけをした大だんな衆が、その勢いで東京の赤坂や日本橋の芸者衆と大いに遊んだそうです。この時にこれらのひとが酒宴の最後にしぐれのお茶漬けを好んで食べたことを芸者衆が喜んで、このような歌が出来たということです。
写真は、桑名市街の旧桑名城跡にある、
初代桑名藩主の本多忠勝公の銅像です  
このページのトップへ
Copyright (C) 総本家新之助貝新 All Rights Reserved.
ジャパンネット